• 本

バフチンと文化理論

松柏社叢書 言語科学の冒険 24

出版社名 松柏社
出版年月 2005年5月
ISBNコード 978-4-7754-0072-2
4-7754-0072-X
税込価格 4,400円
頁数・縦 377P 22cm

商品内容

要旨

記号論者の先駆け、ロシアの文学者ミハエル・バフチンの思想の全貌に迫る一冊!詩学、文芸評論に多大なる影響をあたえ、生成する対話を軸に、ドストエフスキーとラブレーを読み解き、テクストの「ポリフォニー」に着目するバフチンの新たな側面に迫る、11名の俊英による論文集。

目次

第1章 「すべてはこれがどうなるかにかかっているのだ」―現実の出来事、わくわくするドラマ、学問上のコメディとしてのミハイル・バフチンの学位論文口頭試問
第2章 小説だけがすべてではない:バフチン、詩、真理、神
第3章 転覆せる民衆:カーニヴァル、ヒステリー、女性のテキスト
第4章 現象学から対話へ:マックス・シェーラーの現象学の伝統『行為の哲学によせて』から『ドストエフスキー研究』へいたるバフチンの展開
第5章 バフチンと読者
第6章 対話的転覆:バフチン、小説、ガートルード・スタイン
第7章 バフチンと言語の歴史
第8章 身体問題:バフチン、サルトル、バルトにおける自己と他者
第9章 バフチン/ショーペンハウアー/クンデラ
第10章 バフチンサークルの批判的作業:新書誌的試論

著者紹介

宍戸 通庸 (シシド ミチヤス)  
東京都生まれ。上智大学文学部英文学科卒業、国際基督教大学大学院教育学研究科博士前期課程修了、ミシガン大学大学院言語学博士課程修了(Ph.D)、1981〜82年、フルブライト招聘教授(アラバマ大学)、現在、摂南大学大学院国際言語文化研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)