• 本

地球の内部で何が起こっているのか?

光文社新書 214

出版社名 光文社
出版年月 2005年7月
ISBNコード 978-4-334-03314-9
4-334-03314-8
税込価格 935円
頁数・縦 277P 図版12P 18cm

商品内容

要旨

なぜ巨大地震は起こるのか?地球だけにみられる花崗岩質地殻はどのようにしてできたのか?地下微生物は地球環境でどのような役割を果たしているのか?地球の生命はどのように誕生したのか?次世代の重要な資源といわれるメタンハイドレートと、地球温暖化の関わりは?われわれの住むアジアの風土はどのようにつくられ、人々はどこからやってきたのか?大陸移動説、海洋底拡大説、プレートテクトニクス、地球システム科学、マントルトモグラフィー、プルームテクトニクス、全地球史解読などをふまえ、地球科学の最先端の見取り図を示す。地球科学入門書としても最適。

目次

第1章 プレートテクトニクスの創造―深海掘削計画の働き
第2章 日本列島とプレートの沈み込み
第3章 激変した地球環境
第4章 新しい地球観の構築
第5章 「ちきゅう」の建造と運用
第6章 未踏の地球深部へ
第7章 地球の発見

おすすめコメント

なぜ巨大地震は起こるのか?生命はどのように誕生したのか?気候変動の真の原因は?いま、地球深部探査船によってその謎が解かれようとしている。地球科学の歩みと最先端がわかる入門書。

著者紹介

平 朝彦 (タイラ アサヒコ)  
1946年仙台市生まれ。テキサス大学ダラス校大学院修了。現在独立行政法人海洋研究開発機構地球深部探査センター長
徐 垣 (ジョ カキ)  
1955年京都生まれ。京都大学大学院修了。現在海洋研究開発機構地球内部変動研究センタープログラムディレクター
末広 潔 (スエヒロ キヨシ)  
1951年鎌倉市生まれ。東京大学大学院修了。現在海洋研究開発機構理事
木下 肇 (キノシタ ハジム)  
1939年東京生まれ。東京大学大学院修了。現在海洋研究開発機構理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)