• 本

戦後日本のジャズ文化 映画・文学・アングラ

出版社名 青土社
出版年月 2005年8月
ISBNコード 978-4-7917-6201-9
4-7917-6201-0
税込価格 2,640円
頁数・縦 384P 20cm

商品内容

文学賞情報

2006年 第28回 サントリー学芸賞・社会・風俗部門受賞

要旨

戦後文化に刻まれたビート。黒沢明、裕次郎、そして若松孝二からアニメまで。五木寛之、倉橋由美子、中上健次、平岡正明、筒井康隆、村上春樹、そしてジャズ喫茶からジャズ革命論まで。ジャズはいかに受容され、いかに多くの表現者たちの源泉となってきたか―。日米のジャズ、文学に通暁するこの著者にしか書けなかった、異色のジャズ文化論書き下ろし。戦後カルチャー論の空隙を突く野心作。

目次

第1章 自由・平等・スウィング?―終戦前後の日米ジャズ再考
第2章 大衆文化としてのジャズ―戦後映画に響くもの
第3章 占領文学としてのジャズ小説―五木寛之の初期作品を中心に
第4章 挑発するジャズ・観念としてのジャズ―一九六〇‐七〇年代ジャズ文化論(1)
第5章 ジャズ喫茶解剖学―儀式とフェティッシュの特異空間
第6章 破壊から創造への模索―一九六〇‐七〇年代ジャズ文化論(2)
第7章 過去の音楽へ―近年のメディアとジャズ文化

著者紹介

モラスキー,マイク (モラスキー,マイク)   Molasky,Michael S.
1956年米国セントルイス市生まれ。シカゴ大学大学院東アジア言語文明学科博士課程修了(日本文学で博士号)。ミネソタ大学アジア言語文学部準教授。専攻:現代日本文学。とくに日本・沖縄戦後文学を中心に幅広い視野と精緻な分析力で研究。70年代からのべ10数年にわたって日本に滞在。ピアニストとして東京のジャズ・クラブなどに出演することもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)