• 本

楽しい手品あそび62

子どもと楽しむゲーム 4

出版社名 黎明書房
出版年月 2005年8月
ISBNコード 978-4-654-05944-7
4-654-05944-X
税込価格 1,870円
頁数・縦 170P 21cm

商品内容

要旨

幼稚園・保育園の日常保育や行事の中で活用できます。小・中学校の授業のちょっとした合間に演じれば、先生も子どもも一体感につつまれて、教室はたちまちなごやかに。子どもたちにもすぐできる、かんたん手品がいっぱい。家庭で親子いっしょにみんなで楽しめます。十円玉、一円玉、卵、マッチ箱、クリップ、新聞紙、スプーン、輪ゴム、ハンカチ、ひも、風船、電卓…など身の回りのものを使った楽しい手品をA頭がよくなる手品 B身近なものを生かす手品 C手先が器用になる手品 D準備がよければ成功する手品 E21世紀の手品に分けて、62種紹介。

目次

A 頭がよくなる手品(十円玉の起立
コロンブスの卵 ほか)
B 身近なものを生かす手品(新聞ツリー
扇子のエレベーターとエスカレーター ほか)
C 手先が器用になる手品(コインを隠し持つ(パーム)
フィンガー・パーム ほか)
D 準備がよければ成功する手品(釣り上げた徳利
割れない風船 ほか)
E 二十一世紀の手品(数字の入れかえ
同じ数の整列 ほか)

出版社
商品紹介

10円玉・クリップ・新聞紙・スプーン・電卓など,身の回りのものを使った子供も親も先生も一緒に楽しめる不思議な手品がいっぱい。

著者紹介

三宅 邦夫 (ミヤケ クニオ)  
昭和22年3月中日こども会を創設。責任者として子どもの福祉と文化活動及び遊び(遊戯)の普及に努め、現在、中日こども会事務局(中日新聞社内)主事
大竹 和美 (オオタケ カズミ)  
株式会社大竹製作所代表取締役会長、名古屋アマチュア・マジシャンズ・クラブ会長、IBM(International Brotherhood of Magicians)終身会員。昭和56年5月30日、皇居吹上御所において夫人とともに奇術の天覧を賜る
山崎 治美 (ヤマザキ ハルミ)  
中日こども会講師、遊びうた研究家。各地の乳幼児教室、家庭教育学級、保育技術の講習会、高齢者の集いなどで指導に活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)