• 本

心理学 こころの不思議を解き明かす

出版社名 光生館
出版年月 2005年9月
ISBNコード 978-4-332-50020-9
4-332-50020-2
税込価格 3,300円
頁数・縦 344P 22cm

商品内容

目次

ヒトから人へ―言語と意識の起源を求めて:進化心理学
人は世界をどのように捉えるのか:認知心理学
人間発達の可塑性―人の発達と初期環境:発達心理学
道徳性を構成するもの:道徳心理学
言語獲得に必要なもの、言語獲得がもたらすもの:言語心理学
子どもは出来事をどのように記憶し想起するか:記憶心理学
パーソナリティの発達が不適応的に展開するとき:発達精神病理学
実証にもとづく臨床心理学:臨床心理学―パニック障害のメカニズムと治療を例にとって
母親・父親・社会的親:家族心理学
メディア心理学とは何か:メディア心理学―メディアと人間の関わりを研究する
心と社会の相互構築:社会心理学
異文化体験からのアプローチ:文化心理学

目録情報

脳から生み出されるこころの不思議なメカニズムに先端の知見をまじえながらアプローチした入門書。(生活・健康・栄養図書総目録より)

著者紹介

内田 伸子 (ウチダ ノブコ)  
お茶の水女子大学副学長。21世紀COE「誕生から死までの人間発達科学」拠点リーダー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)