• 本

新リア王 下

出版社名 新潮社
出版年月 2005年10月
ISBNコード 978-4-10-378405-0
4-10-378405-9
税込価格 2,052円
頁数・縦 396P 20cm
シリーズ名 新リア王

商品内容

文学賞情報

2006年 第4回 親鸞賞受賞

要旨

息子たちに乗り越えられた父はひとり魂の荒野を目指す―21世紀初頭に小説が行き着いた、政治と宗教の極北。

おすすめコメント

保守王国の崩壊を予見した壮大な政治小説、3年の歳月をかけてここに誕生!父と子。その間に立ちはだかる壁はかくも高く険しいものなのか――。近代日本の「終わりの始まり」が露見した永田町と、周回遅れで核がらみの地域振興に手を出した青森。政治一家・福澤王国の内部で起こった造反劇は、雪降りしきる最果ての庵で、父から息子へと静かに、しかし決然と語り出される。『晴子情歌』に続く大作長編小説。