• 本

国内避難民と国際法

出版社名 信山社出版
出版年月 2005年9月
ISBNコード 978-4-7972-2435-1
4-7972-2435-5
税込価格 3,520円
頁数・縦 279P 20cm

商品内容

目次

序章 国内避難民問題研究の意義
第1章 ILA「国内避難民に関する国際法原則宣言」の成立
第2章 国内避難民問題に対する国連の対応
第3章 人道援助活動の中立性と国連の軍事的活動―UNHCRとICRCのアプローチの比較の視点から
第4章 国内避難民の安全地帯と国際法
第5章 新たな人道主義の相貌―国内避難民問題の法と政治

出版社・メーカーコメント

早稲田大学教授

著者紹介

島田 征夫 (シマダ ユキオ)  
早稲田大学法学部教授。1972年早稲田大学大学院法学研究科博士課程修了。1985年法学博士(早稲田大学)
阿部 浩己 (アベ コウキ)  
現在、神奈川大学大学院法務研究科教授。1990年早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得満期退学。1986年LL.M.(バージニア法科大学院)。1983年法学修士(早稲田大学)
佐藤 哲夫 (サトウ テツオ)  
現在、一橋大学大学院法学研究科教授。1984年一橋大学大学院法学研究科博士課程退学。1994年一橋大学博士(法学)
永田 高英 (ナガタ タカヒデ)  
現在、立正大学法学部専任講師。2002年早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得満期退学。1996年法学修士(早稲田大学)
墓田 桂 (ハカタ ケイ)  
現在、成蹊大学文学部国際文化学科専任講師。1998年フランス国立ナンシー第二大学大学院法学研究科博士課程修了。公法学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)