• 本

ニート

出版社名 角川書店
出版年月 2005年10月
ISBNコード 978-4-04-873643-5
4-04-873643-4
税込価格 1,320円
頁数・縦 169P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  •  本短編集に登場するダメ男たちに共通しているものは、手をさしのべる女性がいることである。社会的にも経済的にも孤立した男と、仕事をもち経済的に独立した女との関係は、いわゆる”ヒモ”なのだが、この作品では女性の方で拒否しつつもずるずるとそうなってゆく過程が、女性作家ならではの視点でよく描かれている。最初は軽く短く、最後は重く長くと各編の配列にも工夫のあとが見え、読み手のことを考えたつくりはたいへんありがたいと思った。(のり)

    (2005年11月27日)

商品内容

要旨

どうでもいいって言ったら、この世の中本当に何もかもどうでもいいわけで、それがキミの思想そのものでもあった―。洗練と節度を極めた文章からあふれ出す、切なくも甘やかな感情。川端康成文学賞受賞、気鋭の作家が切り取った現代の生のかたち、珠玉の五篇。

出版社
商品紹介

かけだしの女性作家と、会社を辞め、引きこもりをつづけて困窮を極める青年との淡い関係を描く表題作や、「へたれ」他全5編収録。

おすすめコメント

かけだしの女性作家と、会社を辞め、引きこもりをつづけて困窮を極める青年との微妙で繊細な関係・・・。洗練と節度を極めた文章からあふれ出す、切なくも甘やかな感情。川端康成文学賞受賞、気鋭の作家が切り取った現代の生のかたち、珠玉の五篇。

著者紹介

絲山 秋子 (イトヤマ アキコ)  
1966年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、メーカーに勤務。営業職として福岡、名古屋、高崎、大宮に赴任。退社後の2003年、「イッツ・オンリー・トーク」で文學界新人賞を受賞。同年発表の短篇「袋小路の男」で04年に川端康成文学賞を、『海の仙人』で芸術選奨文部科学大臣新人賞をそれぞれ受賞。この間、芥川賞候補に三度、『逃亡くそたわけ』では直木賞候補にもなる。新作が待ち望まれる今もっとも注目を集める気鋭の作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)