• 本

マルコの夢

出版社名 集英社
出版年月 2005年11月
ISBNコード 978-4-08-774788-1
4-08-774788-3
税込価格 1,430円
頁数・縦 132P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  •  2002年「ハミザベス」で第26回すばる文学賞を受賞した著者の新刊である。日仏をまたにかけたキノコストーリー。主人公の青年は2人の父と一人の母をもつ。両親の出会い、幻のキノコとの遭遇など、すべてキノコのお導き、となるのだが、加速度的にぐいぐい話が収束していく展開はまさに読みどころ。多少都合良すぎる思いもしないではないが、読み手を納得させる何かがこの神秘的なキノコの描写にはある。青年の成長物語として読むのも面白く、爽やかな読み心地なのが気に入った。(のり)

    (2006年1月16日)

商品内容

要旨

姉の仕事を手伝うためにフランスへ渡った一馬。三つ星レストラン「ル・コント・ブルー」で働くことに。ある日オーナーからマルコを買いつけてきてほしいと頼まれ、わずかな手がかりをもとに日本に戻り動きだす。幻のマルコ、はたして一馬はたどりつけるのか…。マルコとは?奇妙な冒険譚。

出版社
商品紹介

姉の依頼でフランスへ渡った一馬。三ツ星レストラン「ル・コント・ブルー」で働くことに。幻のマルコ買いつけのために日本に戻ったが…。

おすすめコメント

姉の仕事を手伝うためにフランスへ渡った一馬。三つ星レストラン「ル・コント・ブルー」で働くことに。ある日オーナーからマルコを買いつけてきてほしいと頼まれ、わずかな手がかりをもとに日本に戻り動き出す。幻のマルコ、はたして一馬はたどりつけるのか・・・。パリ、日本―幻のマルコをめぐる奇妙な冒険譚。

出版社・メーカーコメント

パリ、日本。幻のマルコをめぐる奇妙な冒険譚。姉の依頼でフランスへ渡った一馬。三ツ星レストラン「ル・コント・ブルー」で働くことに。幻のマルコ買いつけのために日本に戻ったが…。はたして一馬はマルコにたどりつけるのか。

著者紹介

栗田 有起 (クリタ ユキ)  
1972年、長崎県生まれ。名古屋外国語大学外国語学部英米語学科卒業。2002年「ハミザベス」で第26回すばる文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)