• 本

松本清張初文庫化作品集 2

断崖

双葉文庫

出版社名 双葉社
出版年月 2005年12月
ISBNコード 978-4-575-51049-2
4-575-51049-1
税込価格 660円
頁数・縦 308P 15cm
シリーズ名 松本清張初文庫化作品集

商品内容

要旨

北海道の景勝地にある宿泊所。そこで働く老人はある日、自殺志願の女を救った。その夜、女を介抱していた老人は、自分の中で蠢く熱い欲求に気づく。―老人の性と、そこから起こる悲劇を描いた表題作「断崖」、戦前に起きた宗教弾圧事件をモデルに、暴走する国家権力へ警鐘を鳴らした「粗い網版」など5編を収録。

おすすめコメント

北海道の景勝地にある宿泊所。そこで働く老人はある日、自殺志願の女を救った。その夜、女を介抱していた老人は、自分の中で蠢く熱い欲求に気づく―。老人の性と、そこから起こる悲劇を描いた表題作「断崖」、戦前に起きた宗教弾圧事件をモデルに、暴走する国家権力へ警鐘を鳴らした「粗い網版」など5編を収録。「やっぱり清張は、おもしろい!」

著者紹介

松本 清張 (マツモト セイチョウ)  
1909年福岡県企救郡板櫃村(現・北九州市)生まれ。50年「西郷札」が懸賞小説に入選。その後、純文学・推理小説・歴史小説・ノンフィクションなど、広範な領域で常に“人間”を見つめ、その本質に迫る作品を発表しつづける。53年芥川賞、57年日本推理作家協会賞、67年吉川英治文学賞、70年菊池寛賞、90年朝日賞などを受賞。92年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)