• 本

砂漠

出版社名 実業之日本社
出版年月 2005年12月
ISBNコード 978-4-408-53484-8
4-408-53484-6
税込価格 1,676円
頁数・縦 410P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 直木賞また逃したが、相変わらずのおもしろさは見逃せない

    男女5人の大学生の青春物語。いつもの通り音楽がバックにあって、今回作は麻雀とサン=テグジュペリが添えられている。麻雀が分からなくても楽しめるが、「1・4索でロン」のくだりで大笑いするには多少知ってる方がよいかも。5人のキャラがそれぞれ面白く、私は「俺たちがその気になれば砂漠に雪を降らすことっだってできる」と熱弁する西嶋君に惹かれる。

    (2006年8月23日)

  • もはや直木賞候補作の常連作家となった伊坂幸太郎の、約1年半ぶりの長編小説。舞台は仙台、5人の大学生が若さあふれる珍騒動を巻き起こす青春活劇である。社会という「砂漠」でしがらみにまみれながら暮らしている大多数の人の中にあって、学生時代を懐かしむ人は多い。卒業と同時に離ればなれになり、次第に音信不通になることがわかっていても、仲間と過ごすことをなによりも大事にしていた時期。「一番の贅沢は、人間関係の贅沢である。」この言葉には著者の仙台での学生時代の思いがいっぱいつまっていると思う。みずからの学生時代を思い出させ、たまらない郷愁につつまれる1冊である。(のり)

    (2006年1月1日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

「大学の一年間なんてあっという間だ」入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン…。学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”に囲まれた“オアシス”で超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、まばたきする間に過ぎゆく日々を送っていく。パワーみなぎる、誰も知らない青春小説。

おすすめコメント

「大学の一年間なんてあっという間だ」麻雀、合コン、バイトetc…….普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何かできるんじゃないか」と考え、もがく5人の学生たち。社会という「砂漠」に巣立つ前の「オアシス」で、あっという間に過ぎゆく日々を送る若者群像を活写。日本全国の伊坂ファン待望、1年半ぶりの書き下し長編青春小説!

著者紹介

伊坂 幸太郎 (イサカ コウタロウ)  
1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。2003年上期に『重力ピエロ』、2004年上期に『チルドレン』、2004年下期に『グラスホッパー』が、それぞれ直木賞候補に選ばれる。2004年には『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞、短編「死神の精度」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞する。いま、もっとも熱い期待を寄せられている若手作家の一人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)