• 本

台湾映画のすべて

丸善ブックス 106

出版社名 丸善
出版年月 2006年1月
ISBNコード 978-4-621-06106-0
4-621-06106-2
税込価格 2,640円
頁数・縦 180P 19cm

商品内容

要旨

国民党政権は台湾映画にどれだけ大きな影響を及ぼしたか?国民党が経営する台湾最大の映画製作配給会社中央電影の役割とは?台湾映画を国際舞台に押し上げた台湾ニューシネマとは?外省人と本省人の関係は台湾映画にどう反映されているか?台湾映画の深層を理解する上で興味尽きない話題を、具体的に映画を取り上げながら解説し、映画研究における新たな視角を提起する意欲作。

目次

序章 健康写実映画からニューシネマへ(台湾映画の基礎を築いた台湾語映画(一九五〇年代)
「健康写実映画」で中影の指導的地位確立(一九六〇年代) ほか)
第1章 中央電影と台湾映画の盛衰(戦後中国映画としてスタートした台湾映画(一九四九〜一九六二年)
黄金時代に地位を固めた中影(一九六三〜一九七二年) ほか)
第2章 ニューシネマと台湾の政治改革(改革の潮流から生まれたニューシネマ
低予算、新人監督、素人を起用 ほか)
第3章 台湾映画の中のエスニックグループ像(ブームの発端となった『坊やの人形』
外省人第二世代の成長過程を記録した『少年』 ほか)

著者紹介

戸張 東夫 (トバリ ハルオ)  
元読売新聞記者。71‐75年、83‐88年同紙特派員として香港在住。1994‐2004年慶応義塾大学非常勤講師。中国政治、中国語圏映画研究
廖 金鳳 (リョウ キンホウ)  
台湾芸術大学映画学部助教授。台湾大学社会学部学士、米ニューヨーク大学映画研究修士。映像文化研究、文化社会学専攻
陳 儒修 (チン ジュシュウ)  
台湾芸術大学映画学部助教授兼応用メディア研究所長。米南カリフォルニア大学映画テレビ学部映画理論博士。映画の理論、文化を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)