• 本

あやつられた龍馬 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン

出版社名 祥伝社
出版年月 2006年2月
ISBNコード 978-4-396-61261-0
4-396-61261-3
税込価格 2,090円
頁数・縦 414P 20cm

商品内容

要旨

アメリカ独立戦争(1775年)、フランス革命(1789年)、世界の二大革命の指導者層には、圧倒的多数のフリーメーソン・メンバーが座っていた。ワシントン、フランクリン、オルレアン公…。さらに同時代に活躍したゲーテ、ハイドン、モーツァルト、いずれもメンバーである。「世界最大の秘密結社」と呼ばれるフリーメーソンは、「自由」「平等」「博愛」の基本理念を掲げ、革命を推進した。そして彼らの手は、ようやく幕末の日本にたどり着いた―。

目次

序章 全能の目
第1章 暗殺現場の謎
第2章 日本に上陸した秘密結社(フリーメーソン)
第3章 長崎異人商会
第4章 グラバー邸に集った志士たち
第5章 薩英戦争の真相
第6章 密航者たち
第7章 革命前夜(グラバー・スキーム)
第8章 パリの密会
第9章 龍馬、孤立無援
終章 闇に消えたフリーメーソン

出版社
商品紹介

維新の背景には、英国政府と国際秘密結社「フリーメーソン」が黒幕として控えていた…体制転覆のプロセスを解き明かす。

おすすめコメント

維新の英雄を動かした「黒幕」の正体とは?今、浮かび上がる龍馬と「秘密結社」を結ぶ糸。『石の扉』で注目の著者による、まったく新しい明治維新論。

著者紹介

加治 将一 (カジ マサカズ)  
1948年、札幌市生まれ。小説家・不動産投資家。1978年より15年間、ロサンゼルスで不動産関係の業務に従事し、帰国後、執筆活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)