• 本

糖尿病が良くなるごちそうレシピ 糖質制限食の実践法

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2006年2月
ISBNコード 978-4-492-04249-6
4-492-04249-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 119P 21cm

商品内容

要旨

肉類も魚もたっぷりのゴージャスな料理なのに抜群の改善効果!アルコールもOKなのに、体重が減って血糖値も安定。糖尿病患者・予備軍だけでなく、ダイエットにもすぐに使える四季の献立。

目次

1章 糖質制限をすれば糖尿病は良くなる(今、糖尿病食は大きく変わろうとしている 制限のゆるやかな治療食 ほか)
2章 四季折々の糖質制限食レシピ(春キャベツのサラダ・シーチキン添え、ゆで卵、レモンティー
ロールキャベツ、ルッコラとモッツァレラチーズのサラダ、ライ麦一〇〇%パン、レモンティー ほか)
3章 糖質制限食を成功させる補助食材(調味料を上手に使って、糖質制限食をおいしく食べる
糖質に注意すれば大丈夫、コンビニで手に入る食材 ほか)
4章 毎日、確実に糖質制限食を続けるための四季の一週間の献立
5章 もっと知りたい糖質制限食Q&A(なぜ、食後血糖値が問題なのか
すでに糖尿病の治療を受けているが ほか)

出版社
商品紹介

ベストセラー『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』のレシピ版。肉、魚、アルコールもOKでありながら、劇的な効果をもたらす献立。

著者紹介

江部 康二 (エベ コウジ)  
医師、財団法人高雄病院理事長。1950年生まれ。京都大学医学部卒業。京都大学胸部疾患研究所などを経て、78年から高雄病院に勤務。漢方治療に取り組むとともに、絶食療法、心理療法なども導入する。2001年に自らが糖尿病であることに気づいて以来、糖尿病治療の研究に取り組み、「糖質制限食」により自身の糖尿病を克服。高雄病院での数多くの臨床活動を通じて、糖質制限食の画期的な治療効果を証明した。糖質制限食を初めて紹介した著書『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(東洋経済新報社)は、全国で大反響を巻き起こした
高野 邦子 (タカノ クニコ)  
医学博士、内視鏡・消化器病専門医。内科医として勤務する中で、食事として「口から入るもの」が重要であり、それこそが健康維持・予防医学の原点であると強く実感。江部医師の理論に深く共感し糖質制限食を自ら実践中。家族のための日常料理の積み重ねから、単なる治療・代替食でない「健康で美味しくいつまでも食べ続けることができる」糖質制限食レシピを考案した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)