• 本

病魔という悪の物語 チフスのメアリー

ちくまプリマー新書 031

出版社名 筑摩書房
出版年月 2006年3月
ISBNコード 978-4-480-68729-6
4-480-68729-7
税込価格 836円
頁数・縦 143P 18cm

商品内容

要旨

二〇世紀初め、毒を撤き散らす悪女として恐れられた患者の実話。エイズ、鳥インフルエンザなど、伝染病の恐怖におびえる現代人にも、多くの問いを投げかけている。

目次

第1章 物語の発端(事件以前のメアリー
チフス患者の発生 ほか)
第2章 公衆衛生との関わりのなかで(腸チフス
チフスと戦争 ほか)
第3章 裁判と解放(法的な問題
「チフスのメアリー」の露わな登場 ほか)
第4章 再発見と、その後(自由になって
恋人の死 ほか)
第5章 象徴化する「チフスのメアリー」(一般名詞化するメアリー
勝ち馬に乗る歴史 ほか)

著者紹介

金森 修 (カナモリ オサム)  
1954年札幌市生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。パリ第一大学哲学博士。専門は科学思想史・科学史。筑波大学、東京水産大学(現、東京海洋大学)を経て、東京大学大学院教育学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)