• 本

危機の宰相

出版社名 魁星出版
出版年月 2006年4月
ISBNコード 978-4-312-01004-9
4-312-01004-8
税込価格 1,728円
頁数・縦 309P 20cm

商品内容

要旨

政治家・池田勇人、エコノミスト・下村治、宏池会事務局長・田村敏雄―大蔵省という組織における敗者三人が、戦後の激動期をへて、「所得倍増」という夢を現実化してゆく…。「文藝春秋」誌上に発表された幻の作品が、加筆されてついに単行本化!!『テロルの決算』と対をなす歴史ノンフィクションの傑作。

目次

ささやかな発端
黄金時代
戦後最大のコピー
第三のブレーン
敗者としての池田勇人
敗者としての田村敏雄
敗者としての下村治
木曜会
総理への道
田文と呉起
邪教から国教へ
勝者たち
やがて幕が下り
世界の静かな中心

おすすめコメント

政治家・池田勇人、エコノミスト・下村治、こうちかい宏池会事務局長・田村敏雄――大蔵省という組織における敗者三人が、戦後の激動期をへて、「所得倍増」という夢を現実化してゆく・・・・・・。『テロルの決算』と対をなす歴史ノンフィクションの傑作!

著者紹介

沢木 耕太郎 (サワキ コウタロウ)  
1947年、東京都に生まれる。横浜国立大学卒業。79年、『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、82年、『一瞬の夏』で新田次郎文学賞、85年、『バーボン・ストリート』で講談社エッセイ賞、93年、『深夜特急』でJTB紀行文学大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)