• 本

遠謀 密命・血の絆 長編時代小説

祥伝社文庫 さ6−24 密命シリーズ 14

出版社名 祥伝社
出版年月 2006年4月
ISBNコード 978-4-396-33284-6
4-396-33284-X
税込価格 660円
頁数・縦 329P 16cm

商品内容

要旨

金杉惣三郎の次女結衣が出奔した。しかも、旅芸人一座とともに尾張に向かったと知った惣三郎は、胸騒ぎを覚えた。またしても尾張徳川家の陰謀か?大和柳生の庄で剣術修行を続ける清之助に危急を知らせ、惣三郎は尾張名古屋にてわが息子と実に三年ぶりに再会、父子で血戦に臨む。尾張柳生との凄絶な戦いを通して父、息子、娘が絆を強める、大人気シリーズ第十四弾。

おすすめコメント

惣三郎、清之助、そして 達人の域に 「密命」波瀾万丈! 金杉惣三郎(かなすぎそうざぶろう)の次女結衣(ゆい)が出奔(しゅつぽん)した。しかも、旅芸人一座とともに尾張に向かったと知った惣三郎は、胸騒ぎを覚えた。またしても尾張徳川家の陰謀か? 大和柳生(やまとやぎゅう)の庄で剣術修行を続ける清之助(せいのすけ)に危急を知らせ、惣三郎は尾張名古屋にてわが息子と実に三年ぶりに再会、父子で血戦に臨む。尾張柳生との凄絶(せいぜつ)な戦いを通して父、息子、娘が絆(きずな)を強める、大人気シリーズ第十四弾!

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年、北九州市生まれ。闘牛カメラマンとして海外で活躍後、国際的スケールの作品を次々と発表する。99年に初の時代小説『密命―見参!寒月霞斬り』(祥伝社文庫)を発表後、迫力ある剣戟シーンと人情味あふれる庶民を描いて人気作家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)