• 本

食品の安全性評価の考え方 畜産食品を中心に

出版社名 光生館
出版年月 2006年6月
ISBNコード 978-4-332-04049-1
4-332-04049-X
税込価格 1,728円
頁数・縦 78P 22cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

本書は畜産食品を中心にして食品の安全性評価を解説したものである。

目次

1 食品安全の背景
2 人獣共通感染症と新興・再興感染症
3 動物および動物由来加工食品の安全性
4 牛海綿状脳症と人変異型クロイツフェルト・ヤコブ病
5 食品の安全とリスク
6 食品のリスク・コミュニケーション

目録情報

59回日本栄養・食糧学会大会のシンポジウムの不充分な部分を補完し刊行。(生活・健康・栄養図書総目録より)

著者紹介

本間 清一 (ホンマ セイイチ)  
1963年東京大学農学部農芸化学科卒業。1968年東京大学大学院農学研究科博士課程修了。1968年お茶の水女子大学家政学部食物学科助手。1975〜76年フランス政府給費留学。栄養研究所、天然物化学研究所。1989年お茶の水女子大学家政学部教授。1996年農林物資規格調査会食品部会長。1999年農林物資規格調査会会長。2003年内閣府食品安全委員会委員。2005年東京農業大学応用生物科学部教授。農学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)