• 本

戦争の克服

集英社新書 0347

出版社名 集英社
出版年月 2006年6月
ISBNコード 978-4-08-720347-9
4-08-720347-6
税込価格 792円
頁数・縦 261P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

誰かを殺したくはないし、殺されたくもない。多くの人々はそう思っている。しかし、それでも戦争が起きる。戦争をなくすことは果たして可能なのか?対談思想書の名手・怪人モリスが投げかけた人類史上最大級の難問に、当代随一の哲学者・鵜飼哲と国際法学者・阿部浩己は、いかに答えたか―。近代以後の戦争史、現在のアメリカ単独主義の世界と日本の情勢分析、国際法の危機と可能性、そして、戦争抑止に向けた見取り図等を、最新の学問動向を踏まえてわかりやすく論じた、新世紀の戦争学入門書。

目次

第1部 戦争を理解する―オーストラリアの博奕打ち、哲学者・鵜飼哲に会いに行く(アメリカ単独主義
近代における戦争の歴史―宗教戦争から「対テロ」戦争まで
戦争に接近する日本)
第2部 岐路に立つ国際法―オーストラリアの博奕打ち、国際法学者・阿部浩己に会いに行く(なぜ国際法は戦争を止めることができないのか―戦争の違法化が蹂躙されるまで
難民の世紀―レイシズムと戦争
戦争に参加する日本)
第3部 戦争を克服する―いっそみんなで考えよう!(正戦論の世紀―自己責任というメビウスの輪
境界線の暴力をいかに超えるか)
私たちに何ができるか

出版社・メーカーコメント

戦争って何? それをなくすことは可能なの?『ナショナリズムの克服』で話題となった対談思想書の名手・森巣博が、当代きっての哲学者と法学者に素朴な疑問を投げかける。人類最大の難問に特効薬はあるか? 新世紀の入門書。

著者紹介

阿部 浩己 (アベ コウキ)  
1958年生。早稲田大学大学院卒。神奈川大学法科大学院教授。国際法学者
鵜飼 哲 (ウカイ サトシ)  
1955年生。京都大学大学院卒。一橋大学大学院言語社会研究科教授。哲学者
森巣 博 (モリス ヒロシ)  
1948年生。オーストラリアの博奕打ち兼業作家。対談思想書の名手(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)