• 本

心療内科を訪ねて 心が痛み、心が治す

新潮文庫 な−18−13

出版社名 新潮社
出版年月 2006年8月
ISBNコード 978-4-10-144313-3
4-10-144313-0
税込価格 539円
頁数・縦 244P 16cm

商品内容

要旨

ひどい腰痛に苦しんだ3年間の地獄体験が、著者を心療内科取材に駆り立てた。潰瘍性大腸炎、顎関節症、高血圧、拒食・過食症、脱毛…原因不明のすべての症状の裏には、心の痛みが隠れていた。心はあらゆる形をとって警告を出していたのだ。様々な症状に苦しむ人々の体験を語り、大反響のルポルタージュ。腰痛、肩こり、不眠、倦怠…の原因は、あなた自身かもしれません―。

目次

心身症との出会い
両親を苦しめたかった
上昇志向と職場の軋轢
より完全に、より美しく
高血圧なら、逃げられる
極限への綱渡り
とらわれの悪循環
髪の毛の悲鳴
エリートコースと各駅停車
All or None・完全主義の陥し穴
喘鳴が止まる時
症例の数だけ人生がある

著者紹介

夏樹 静子 (ナツキ シズコ)  
東京生れ。慶應義塾大学英文科卒。在学中からNHKの推理番組の脚本を手掛ける。結婚で一時中断するが、1969(昭和44)年江戸川乱歩賞に『天使が消えていく』で応募、執筆を再開する。繊細な心理描写を用い、社会性に富む題材を扱う。’73年、『蒸発』で日本推理作家協会賞、’89(平成元)年に仏訳『第三の女』でロマン・アバンチュール大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)