• 本

貝と羊の中国人

新潮新書 169

出版社名 新潮社
出版年月 2006年6月
ISBNコード 978-4-10-610169-4
4-10-610169-6
税込価格 880円
頁数・縦 255P 18cm

商品内容

要旨

財、貨、賭、買…。義、美、善、養…。貝のつく漢字と羊のつく漢字から、中国人の深層が垣間見える。多神教的で有形の財貨を好んだ殷人の貝の文化。一神教的で無形の主義を重んじた周人の羊の文化。「ホンネ」と「タテマエ」を巧みに使い分ける中国人の祖型は、三千年前の殷周革命にあった。漢字、語法、流民、人口、英雄、領土、国名など、あらゆる角度から、斬新かつ大胆な切り口で、中国と中国人の本質に迫る。

目次

第1章 貝の文化 羊の文化
第2章 流浪のノウハウ
第3章 中国人の頭の中
第4章 人口から見た中国史
第5章 ヒーローと社会階級
第6章 地政学から見た中国
第7章 黄帝と神武天皇
終章 中国社会の多面性

著者紹介

加藤 徹 (カトウ トオル)  
1963(昭和38)年東京都生まれ。広島大学大学院総合科学研究科助教授。東京大学文学部中国語中国文学科卒業。同大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。90〜91年、北京大学留学。著書に『京劇』(サントリー学芸賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)