• 本

麺の文化史

講談社学術文庫 1774

出版社名 講談社
出版年月 2006年8月
ISBNコード 978-4-06-159774-7
4-06-159774-4
税込価格 1,386円
頁数・縦 395P 15cm

商品内容

要旨

そば、うどん、冷麺、ラーメン、スパゲッティ…。これらに当代の即席麺まで加えれば、今や麺文化は世界を覆っているといっても過言ではない。そもそも麺とはいったい何か。麺はいつ頃、どこに生まれ、どのように波及したのか。厖大な文献を渉猟するとともに、精力的に積み重ねた広範なフィールドワークの成果をもとに綴る、世界で初の「文化麺類学」。

目次

麺のふるさと中国
麺つくりの技術
日本の麺の歴史
朝鮮半島の麺
モンゴルの麺
シルクロードの麺
チベット文化圏の麺
東南アジアの麺
アジアの麺の歴史と伝播
イタリアのパスタ
ミッシング・リンクをさぐる
あらたな展開

出版社・メーカーコメント

世界に広がる麺文化の来歴とバリエーション麺とは何か。その起源は? 伝播の仕方や製造法・調理法は? 厖大な文献を渉猟し、アジアにおける広範な実地踏査の成果をもとに綴る、世界初の文化麺類学入門。

著者紹介

石毛 直道 (イシゲ ナオミチ)  
1937年、千葉県生まれ。京都大学文学部史学科卒業。甲南大学助教授、国立民族学博物館教授、同館館長を経て、同館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。専攻は文化人類学。農学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)