• 本

毎日5分!親子スキンタッチ健康法 赤ちゃんから10歳までの対処法

出版社名 亜紀書房
出版年月 2006年9月
ISBNコード 978-4-7505-0614-2
4-7505-0614-1
税込価格 1,404円
頁数・縦 110P 21cm

商品内容

要旨

東洋医学をベースに、鍼灸の「小児はり」をアレンジしたのが親子スキンタッチ。どこの家庭にもある3つの道具を使って、毎日5分、親子で楽しく続けているうちに、病気に強い健康な子どもに育ちます。基本のやり方から症状ごとを詳しく解説。

目次

1章 東洋医学はからだの底力を呼び起こす!親子スキンタッチ健康法はこんな考え方から生まれた(赤ちゃんは先天の気100%
内臓は皮膚に信号を送っている
親子スキンタッチでよく使う経絡 ほか)
2章 さあ、始めましょう毎日の親子スキンタッチ基本編(親子スキンタッチってなあに?
東洋医学で分ける4つのタイプ
用意する道具はこれだけ ほか)
3章 親子スキンタッチ子どもに多い35症状別実践編(寝つきが悪い
夜泣き
ひきつけ ほか)

目録情報

東洋医学のからだの見方をベースに鍼灸の「小児はり」をアレンジしたのが親子スキンタッチ。(スポーツ・健康科学書総目録2017年版)

おすすめコメント

なでさする、軽くたたく、温める。使うのはスプーン、歯ブラシ、ドライヤーの3つだけ! 東洋医学のからだの見方をベースに鍼灸の「小児はり」をアレンジしたのが親子スキンタッチ。どこの家庭にもある3つの道具を使って、毎日5分、親子で楽しく続けているうちに、病気に強い健康な子どもに育ちます。 基本のやり方から子どもに 多い35症状別ごとを詳しく紹介。

著者紹介

大上 勝行 (オオウエ カツユキ)  
1965年徳島生まれ。近畿大学薬学部卒業。大阪鍼灸専門学校卒業。池田政一に師事。徳島県鍼灸師会学術部長、経絡治療学会徳島部会代表。1998年独立し、おおうえ薬局治療院開業。小児はりをアレンジした親子スキンタッチの開発に携わる。わかりやすい健康アドバイスとていねいな治療に定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)