• 本

とうさんはタツノオトシゴ

出版社名 偕成社
出版年月 2006年9月
ISBNコード 978-4-03-327980-0
4-03-327980-6
税込価格 1,650円
頁数・縦 25P 32cm

商品内容

要旨

ほとんどの魚の場合、かあさんが卵をうんで、とうさんが受精させると、そのまま親魚は卵をおいていってしまいます。けれど、そうではない魚もいるのです。たとえば、タツノオトシゴ、トゲウオ、ティラピア、コモリウオ、ヨウジウオ、アメリカナマズといった種類の魚の卵は、親魚に面倒をみてもらいます。でも、おどろくのは、それだけではありません。なんと子育てをするのは、かあさん魚ではなくて、とうさん魚なのです。ふしぎに思われるかもしれませんが、でも、これは本当の話です。そしてこの本は、そういう魚たちのお話です。

著者紹介

カール,エリック (カール,エリック)   Carle,Eric
1929年アメリカのニューヨーク州に生まれ、ドイツで育つ。シュツットガルトの造形美術大学を卒業後、アメリカにもどり、グラフィックデザイナーとなる。1968年に絵本『1、2、3どうぶつえんへ』(ボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞)を発表して以来、世界的な絵本作家として活躍。2002年エリック・カール絵本美術館を開館。また長年にわたる児童書への貢献により、2003年ローラ・インガルス・ワイルダー賞を受賞
さの ようこ (サノ ヨウコ)  
佐野洋子。1938年北京生まれ。武蔵野美術大学デザイン科卒業後、ベルリン造形大学でリトグラフを学ぶ。その後、絵本・童話・エッセイ・翻訳と幅広い分野で活躍。サンケイ児童出版文化賞、講談社出版文化賞、日本絵本賞、新美南吉児童文学賞など受賞多数。またエッセイ『神も仏もありませぬ』で小林秀雄賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)