• 本

孤島のドラゴン

評論社の児童図書館・文学の部屋

出版社名 評論社
出版年月 2006年10月
ISBNコード 978-4-566-01225-7
4-566-01225-5
税込価格 1,540円
頁数・縦 205P 21cm

商品内容

要旨

ハナ、ザカリー、サラ・エミリーの三人きょうだいは、夏休みを、沖合の孤島にぽつんと建つ、昔おばさんが住んでいた家で過ごすことになった。それは古風な、りっぱな建物で、部屋がいくつもあった。島の北のはしには、“ドレイクの丘”とよばれる岩山―。おばさんは、手紙にこう書いていた。「もし、たいくつなら、ドレイクの丘を調べることを、おすすめします」そこで三人は、ある日、探検に出かけた。てっぺんにたどりついて、そして見つけたものは…!!はなれ小島で夏を過ごした3人の子どもたちの、竜と出会った夢のような物語。

出版社
商品紹介

3つの頭をもつ伝説の翼龍ファフニエルが語る、はるか時空を超えた3つの物語。信頼と友情の絆に心うたれる、ファンタジックな冒険物語。

著者紹介

ラップ,レベッカ (ラップ,レベッカ)   Rupp,Rebecca
アメリカの作家。主に児童向けの物語や科学読み物を発表するかたわら、息子3人を在宅学習で育てた経験をもとにして、この分野の教育書も手がける。また細胞生物学の博士号を取得し、『脳みそゼミナール』(原書房)などの著作を発表するなど、雑誌、テレビも含めて幅広い活動をしている
鏡 哲生 (カガミ テツオ)  
1965年、東京生まれ。小学校時代をアメリカのオハイオ州で過ごし、帰国して上智大学文学部卒業。放送局勤務を経て通訳や翻訳の仕事にたずさわる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)