• 本

タオ

ちくま文庫 か49−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2006年10月
ISBNコード 978-4-480-42267-5
4-480-42267-6
税込価格 704円
頁数・縦 284P 15cm

商品内容

要旨

文字の奥にひそむ老子の声、それを聞きとるのは生命のメッセージを感得することだ。さりげない詩句で語られる宇宙の神秘と人間の生きるべき大道(タオ)とは?生き生きとした言葉で現代に甦る『老子道徳経』全81章の全訳創造詩。

目次

1 道―見えないパワー(道―名の無い領域
「汚い」があるから「美しい」が在るのさ
飯だけはたっぷり喰う
まず、空っぽから始まる ほか)
2 徳―現われたパワー(徳―大きな愛
五郎太石でいればいい
returning―道の原理
たいていの人は馬鹿笑いする ほか)

おすすめコメント

さりげない詩句で語られる宇宙の神秘と人間の生きるべき大道とは? 時空を超えて新 たに甦る『老子道徳経』全81章の全訳創造詩。待望の文庫版!

著者紹介

加島 祥造 (カジマ ショウゾウ)  
1923年東京生まれ。詩人。早稲田大学英文科卒業。米国カリフォルニア州クレアモント大学院留学。信州大学・横浜国立大学を経て、青山学院女子短期大学教授を最後に退官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)