• 本

蝶々はなぜ菜の葉にとまるのか 日本人の暮らしと身近な植物

出版社名 草思社
出版年月 2006年10月
ISBNコード 978-4-7942-1530-7
4-7942-1530-4
税込価格 1,540円
頁数・縦 229P 19cm

商品内容

要旨

童謡「ちょうちょう」で歌われているモンシロチョウは、なぜ菜の花ではなく、菜の葉にとまるのだろうか。表題作のほか、私たちの暮らしを彩る身近な植物の秘密を解き明かした30篇。

目次

松はなぜめでたいか
門松というのに、なぜ竹を飾るのか
赤飯はどうして赤い?
春を先取る花の大作戦
童謡「ちょうちょう」の秘密
春の花は何色?
桃の節句に桃はない
桃太郎はどうして桃から生まれたのか
梅の天神さまの正体は?
今も昔もお花見気分〔ほか〕

出版社
商品紹介

童謡「ちょうちょう」で歌われているモンシロチョウは、なぜ菜の花ではなく、菜の葉にとまるのか。身近な植物の秘密を探った30編。

著者紹介

稲垣 栄洋 (イナガキ ヒデヒロ)  
昭和43(1968)年、静岡市生まれ。岡山大学大学院農学研究科修了。農学博士。植物学的な知識をピリリときかせた軽妙洒脱、若々しいセンスを感じさせる文章に共感するファンは多い
三上 修 (ミカミ オサム)  
昭和29(1954)年、横浜市生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。雑草や野菜、草木などの植物だけでなく、魚類、動物、医学関係まで、幅広く自然科学のイラストを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)