• 本

ジェンダー平等の経済学 男女の発達を担う福祉国家へ

出版社名 新日本出版社
出版年月 2006年10月
ISBNコード 978-4-406-03301-5
4-406-03301-7
税込価格 2,592円
頁数・縦 397P 20cm

商品内容

要旨

ジェンダー論に新しい命を吹き込む力作!マルクス主義の視点から基本的概念を整理し、ジェンダー・エクィティ(男女平等)への突破口を明示する。

目次

第1章 現代日本のジェンダーをめぐる諸潮流と対抗関係
第2章 ジェンダー論の基礎的概念と近代家父長制
第3章 資本主義のもとでの近代家族と労働者家族
第4章 家事労働とサービス労働
第5章 ジェンダー視点の社会政策と資本主義の解剖
第6章 男女平等の経済学と史的唯物論

目録情報

ジェンダー・エクィティ(男女平等)を達成するには、いま何が必要か?現代日本のジェンダー問題とジェンダー論の動向の概観し、マルクス主義視点から基本的概念を整理する。(女性問題図書総目録より)

著者紹介

二宮 厚美 (ニノミヤ アツミ)  
1947年生まれ。神戸大学発達科学部教授。経済学、社会環境論専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)