• 本

できる男は乳首で決まる

出版社名 ルネッサンスブックス
出版年月 2006年11月
ISBNコード 978-4-7790-0088-1
4-7790-0088-2
税込価格 1,047円
頁数・縦 148P 19cm

商品内容

要旨

彼がエネルギッシュなのには理由があった。「男の乳首」の真の活用法が、いま解き明かされる。新性生活マニュアル。

目次

第1章 男性機能の不安にさらされる日本人(日本人の性交頻度は世界最低?
もっともアクティブなはずの20代の男女格差 ほか)
第2章 男の乳首は何のためにあるのか(女性のオッパイはなぜ大きいのか
女性のオッパイはセックス誘導のシグナル ほか)
第3章 性感帯としての乳首をつくる(「乳首の機能化」とは何か?
男性の乳首も千差万別 ほか)
第4章 乳首を活用したセックスライフ(男と女のすれ違い
ニップル・セックスは進化の新しい形態 ほか)

著者紹介

松屋 荘 (マツヤ ソウ)  
1940年東京生まれ。報道事業関係会社において、長年にわたり支配人として管理業務に従事し、その後情報産業関係会社において監査室長を務める。現在、民謡尺八公認教師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)