• 本

夜は短し歩けよ乙女

出版社名 角川書店
出版年月 2006年11月
ISBNコード 978-4-04-873744-9
4-04-873744-9
税込価格 1,650円
頁数・縦 301P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全3件

  • デビュー作『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞した著者の最新作で、2007年本屋大賞にノミネートされています。「先輩」は、密かに思いを寄せる「黒髪の乙女」を夜の先斗町で、神社の古本市で、大学の学園祭でと、待ち伏せし、喉から血が出るほど「ま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を繰り返しているのに、全て奇遇だと思い込んでいる彼女。そこへ絡んでくる奇妙な面々たちの引き起こす珍事件。美しい日本語で書き著されていながらもポップで軽快な片思い物語が京都を舞台に繰り広げられていきます。内容の面白さはもちろんですが、京都の名所が随所に登場しますので、京都の地図を片手に読むのもまた一興ではないでしょうか。

    (2014年3月31日)

  • 御都合主義バンザイ!なむなむ!

    御伽噺か現代小説か。クサレ学生の妄想溢るる恋愛譚か、百鬼夜行よろしく京都妖怪奇譚か。なんなんだこの面白さ!魅力的京都、魅惑的名台詞、摩訶不思議登場人物…。おもわず噴出す奇妙奇天烈でいて「うんうん!気持ちはわかるよ…」といった青春の甘酸っぱさ。ただ残念なのは盛り上がりが第三章でスパっと終わり、最終章たる第四章では「どうしたどうした?」の熱の下がり様(語り手その1である先輩の熱は比例して上昇する)。が、ラストまでくると二人の視点から物語が語られていたことが何故か判明し思わずニヤリ。 さぁさぁあなたもこの不可思議な物語世界へ。「こうして出逢ったのも、何かの御縁」なむなむ!

    (2007年3月12日)

  • 奇想天外の青春ファンタジー

    2007年本屋大賞ノミネート!増刷重ねる!本の雑誌で紹介! NHK週刊ブックレビューで紹介! 王様のブランチで紹介!など各方面で大絶賛受ける? 京都を舞台に繰り広げられる奇想天外空前絶後の娯楽ファンタジー!おもしろくてあほらしいバトル小説?青春小説?恋愛小説?京都市街詳細地図片手にどうぞ。

    (2007年2月12日)

他の書店レビューを見る

商品内容

文学賞情報

2007年 第20回 山本周五郎賞受賞

要旨

私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。「ま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」…「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。天然キャラ女子に萌える男子の純情!キュートで奇抜な恋愛小説in京都。

出版社
商品紹介

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。

おすすめコメント

「太陽の塔」の鬼才モリミが放つ、キュートでポップな片想いストーリーin京都! 「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求め、待ち伏せしていた。しかし天然キャラの彼女は「先輩」の想いには気づかず、待ち伏せはすべて奇遇だと思い込んでいる。そんな、二人を待ち受けるのは奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった!

内容抜粋

私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。「ま、たまたま通りかかったもんだから」ちう台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」(本文より)

著者紹介

森見 登美彦 (モリミ トミヒコ)  
1979年、奈良県生まれ。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年『太陽の塔』(新潮文庫)で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)