• 本

世界から貧しさをなくす30の方法

出版社名 合同出版
出版年月 2006年12月
ISBNコード 978-4-7726-0377-5
4-7726-0377-8
税込価格 1,404円
頁数・縦 143P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 身近で遠い「ほっとけない貧しさ」(チョコレートとスエットショップと人身売買
「地球にやさしい植物性」の実態 ほか)
第2章 ホントはどうなの?貧困問題(水を奪うな
資源をめぐる代理戦争 ほか)
第3章 奪われる側から考えてみよう(これはホントに借金なのか
お金を貸しているから強いことがいえると思っていませんか ほか)
第4章 ぼくらの身近な行動が世界を変える(アルミ缶の向こうに世界が見える
「人に出会う旅」をおススメします ほか)
第5章 生活から解決していく世界の貧しさ(フェアトレードから、フェアが当たり前の社会に
彼らの資源を奪わずに暮らす、シンプルライフを ほか)

目録情報

世界の貧困を生み出すしくみに気づき,その背景にあるしくみと身近な生活の中から変える方法。(社会図書総目録より)

著者紹介

田中 優 (タナカ ユウ)  
1957年東京生まれ。未来バンク事業組合理事長、足温ネット理事、日本国際ボランティアセンター(JVC)理事。櫻井和寿さん、小林武史さん、坂本龍一さんが立ち上げた「ap bank」の監事。地域の足元からの活動と、国際的な活動をリンクさせ、国内外の幅広いネットワークを利用し、講演、執筆、ネットワーキング活動などを通じて、平和・環境・持続可能な社会作りの実践的な活動をしている
樫田 秀樹 (カシダ ヒデキ)  
1959年北海道生まれ。ルポライター。1985年、日本国際ボランティアセンター(JVC)のスタッフとして、ソマリアの難民キャンプで活動する。1989年、マレーシア・サラワク州の熱帯林破壊問題に関わったのを機に、国内外の環境問題や社会問題を扱う執筆業の世界に入る。1997年「週刊金曜日第1回ルポルタージュ大賞報告文学賞」受賞作「雲外蒼天」。98年「週刊金曜日第3回ルポルタージュ大賞佳作」受賞作「自分に嘘はつかない」
マエキタ ミヤコ (マエキタ ミヤコ)  
1963年東京生まれ。コピーライター、クリエイティブディレクター広告メディアクリエイティブ“サステナ”代表。「エココロ」を通して、日々、世の中をエコシフトさせるために奔走中。「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表・幹事。「ほっとけない世界のまずしさ」キャンペーンクリエイティブディレクター。『ecocolo(エココロ)』編集主幹。04年、「100万人のキャンドルナイト」グッドデザイン賞新領域部門賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)