• 本

未来のきみが待つ場所へ 先生はいじめられっ子だった

出版社名 講談社
出版年月 2006年12月
ISBNコード 978-4-06-213672-3
4-06-213672-4
税込価格 1,210円
頁数・縦 197P 20cm

商品内容

文学賞情報

2007年 第54回 産経児童出版文化賞受賞

要旨

小中学校と卑劣ないじめを繰り返され、成績はオール1の落ちこぼれ。家庭内暴力と貧困に苦しみ、死ぬことも考えた―。絶望の淵からはい上がった「奇跡の教師」が伝える、生きる力を届ける言葉。

目次

第1部 痛みと苦しみの小学校(焼かれたランドセル
漢字ドリル
作文コンクール ほか)
第2部 もがき続けた青春時代(中学校の成績表はオール1
少林寺拳法との出合い
高校進学を断念 ほか)
第3部 動き出した運命の歯車(運命を変えた一本のビデオ
小学校三年の算数ドリルを始める
高校入学へ向けて猛勉強 ほか)

おすすめコメント

落ちこぼれの気持ちがわかるオール1教師 いじめられ、落ちこぼれだった著者がアインシュタインに出会い、人生に目標を見いだすまで。昔の自分を救うような気持ちで、今の子どもたちに語りかける感動の書

出版社・メーカーコメント

絶望の淵からはい上がった〈奇跡の教師〉が伝える、生きる力を届ける言葉!

著者紹介

宮本 延春 (ミヤモト マサハル)  
1969年、愛知県生まれ。小学校の時、いじめで学校嫌いになる。中学1年の成績表はオール1。18歳で両親と死別、天涯孤独の身となる。23歳のときに偶然見たアインシュタインのビデオに衝撃を受け、小学生の勉強からやり直し、24歳で私立豊川高校定時制部に入学。恩師や周囲の支えもあり、27歳で名古屋大学理学部に入学、物理学を学ぶ。研究者の道を考えていたが、自分だからこそできることは、落ちこぼれの子どもの気持ちがわかる教師ではないかと思い直し、母校の高校教師になる。現在は妻と息子二人の温かい家庭を持ち、生徒からも厚い信頼を寄せられる教師として日々を過ごしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)