• 本

スピリティズムによる福音

出版社名 ルネッサンスブックス
出版年月 2006年12月
ISBNコード 978-4-7790-0102-4
4-7790-0102-1
税込価格 1,980円
頁数・縦 493P 19cm

商品内容

要旨

スピリティズムの教義に基づくイエス・キリストの道徳的原理と、日常生活での応用方法を教える書。

目次

私は法を破るために来たのではありません
私の国はこの世のものではありません
私の父の家には多くのすみかがあります
生まれ変わらなければ誰にも神の国を見ることはできません
苦しむ者は幸いです
救い主キリスト
魂の貧しい者は幸いです
心の清い者は幸いです
柔和で平和をつくる者は幸いです
憐れみ深い者は幸いです〔ほか〕

著者紹介

カルデック,アラン (カルデック,アラン)   Kardec,Allan
本名、イポリット・レオン・ドゥニザール・リヴァイユ。1804年10月3日‐1869年3月31日。フランス、リヨン出身の教育学者であったアラン・カルデックは、1850年代、ヨーロッパのブルジョアサロンを熱狂させていたテーブルを使って死者とのコミュニケーションをとる現象に出会い、研究を始めた。その結果、人間の存在の本質とは肉体の存続に限定されるものではなく、霊魂としての存在であるという結論にいたり、その主義をいくつかの著作を通じてspiritisme(スピリティズム)の教義として体系化し、広める
角 智織 (スミ トモオ)  
1986年上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。日本におけるスピリティズムの教義の紹介・普及のため、関係文献の翻訳を行うほか勉強会を主催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)