• 本

スプライトシュピーゲル 1

Butterfly & Dragonfly & Honeybee

富士見ファンタジア文庫 136−8

出版社名 KADOKAWA(富士見書房)
出版年月 2007年2月
ISBNコード 978-4-8291-1897-9
4-8291-1897-0
税込価格 616円
頁数・縦 318P 15cm
シリーズ名 スプライトシュピーゲル

商品内容

要旨

蒼い空を翔ける三色のライン。紫の少女―鳳/アゲハ。蒼の少女―乙/ツバメ。黄の少女―雛/ヒビナ。近未来のウィーン、ミリオポリスと呼ばれるその都には、あらゆる言葉が飛び交い、人々はさまざまな神を信じ、そして、くだらない争いに巻き込まれ命を落としていた。日常の間の中で―。そんな、混沌の中で生きる三人の少女たちがいた。機械化された身体を持ち、最新の官給品として、敵を貫く弾丸。「炎の妖精」たち。地下深く静かに流れていた泥流・テロが顕在化した時、三人の弾丸に、命令が下る。敵を貫け!破砕せよと。これは、天に唾をしながら、未来をあざけり、日々を生きる妖精と呼ばれた少女たちの物語。

おすすめコメント

冲方丁が描く、少女たちの闘いの物語。堂々スタート! ミリオポリス――近未来のウィーン。街の平穏を維持するために、飛び立ち、突き破り、敵を破壊する特甲児童と呼ばれる特殊な子供たちがいた――。翼を持ち、敵を殲滅するために飛翔する三人の少女たちの物語。