• 本

東京駅はこうして誕生した

ウェッジ選書 24

出版社名 ウェッジ
出版年月 2007年1月
ISBNコード 978-4-900594-98-2
4-900594-98-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 281P 19cm

商品内容

要旨

一つの建造物が都市をつくった。東京という巨大都市を―。大隈重信が予言したように、東京駅を中心に鉄路は放射状に延び、近代都市・東京を形成した。だが実は、東京駅は最初につくられた駅ではなかった。埋もれ、忘れられた過去を発掘し、東京駅の始原の姿を復元する百年の物語。

目次

第1章 東京と鉄道以前
第2章 鉄道がやってくる
第3章 汽笛一声
第4章 帝都の表玄関とパス・スルー
第5章 中央停車場建設
第6章 走り出す東京駅
第7章 疾走する大東京
第8章 大転換と大変容

出版社
商品紹介

明治の鉄道創成期から現在に至るまで、赤レンガのモニュメント<東京駅>と都市の歴史を豊富な図版とともに語る東京駅100年物語。

著者紹介

林 章 (ハヤシ アキラ)  
1945年広島市生まれ。早稲田大学商学部卒業。大手建設会社において、PR誌編集長、歴史館館長、建築文化ギャラリーのディレクターなどを歴任。退職後、現在、都市文化・建設文化をテーマに、講演や執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)