• 本

人を傷つける話し方、人に喜ばれる話し方

WAC BUNKO B−060

出版社名 ワック
出版年月 2007年2月
ISBNコード 978-4-89831-560-6
4-89831-560-7
税込価格 1,008円
頁数・縦 220P 18cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 愛あることばで話してますか

    仕事や生活の場面で、人とのコミュニケーションに失敗し悩んでいる方は、少なくないと思われます。性格が悪いわけじゃないのに、うまくいかない。自分の心理や性格を客観的に知ることで、自分に合った話し方の技術を学びましょう。
    人を喜ばせたい・幸せにしたい、そういう気持ちがあふれてきたら、さらに愛ある言葉が生まれてきます。

    (2008年6月28日)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

話し方ひとつで、人生が変わる。誤解されない、信頼される、チャンスが来る。

目次

第1章 余計なひとこと、大事なひとこと
第2章 職場で「得する人」「損する人」の話し方
第3章 何気ない「話し方」が自分の株を下げている!
第4章 その口癖で、「心の中」が読まれている
第5章 ここぞの場面、「とっさのひとこと」に威力あり
第6章 ここが違う、「話がおもしろい人」「つまらない人」
第7章 得する人は、「心のニュアンス」を伝える

著者紹介

渋谷 昌三 (シブヤ ショウゾウ)  
1946年、神奈川県生まれ。目白大学人間社会学部教授。学習院大学卒業、東京都立大学大学院博士課程修了。心理学専攻、文学博士。山梨医科大学教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)