• 本

タウトが撮ったニッポン

出版社名 武蔵野美術大学出版局
出版年月 2007年3月
ISBNコード 978-4-901631-75-4
4-901631-75-6
税込価格 1,944円
頁数・縦 155P 22cm

商品内容

要旨

数十年眠りつづけたタウトの遺品―手帳や原稿の下書き、そして写真アルバム4冊。そこには昭和8年から11年の日本滞在中に、タウトが撮影したピントのあまい写真やら、絵はがきなど1422点。報道カメラマンよろしく、小さなカメラ「ヴェス単」で果敢に被写体に挑むタウト。そのまなざしを再検証すべくアルバムから厳選した130点を公開。

目次

タウトの遺品
タウト日記アルバム
タウトが遺した写真アルバムの読み方
戦前昭和ヴィジュアル時代の『ニッポン』
タウトが見たもうひとつのニッポン

おすすめコメント

1933年、ナチに追われたブルーノ・タウトはエリカ・ヴィッティヒと来日。アメリカ亡命への足がかりのつもりで立ち寄った日本で3年半の日々を余儀なくされた。小さなカメラで好奇心 のままにタウトがとらえたニッポン―鯉のぼりから桂離宮まで―を新訳の日記とともに再現する!ジュラルミンケースに封印され、岩波書店にながく保管されていたブルーノ・タウトの遺品―手帳や原稿の下書き、そして写真アルバム4冊がこのたび発掘された。そこには昭和8年から11年までの日本滞在中に、タウト自身が撮影したピントのあまい写真やら、絵はがきなど1422点。報道カメラマンよろしく、小さなカメラ「ヴェス単」で果敢に被写体に挑むタウト。その眼差しを再検証すべくアルバムから厳選した約130点の写真を新訳の日記とともに紹介する。初めての書籍化!

著者紹介

酒井 道夫 (サカイ ミチオ)  
1939年生まれ。武蔵野美術大学教授。1960‐70年にかけてインテリアデザインおよび建築の雑誌編集にたずさわる。70年大阪万博取材を経て編集現場を退き教職に就く。以後、近代印刷史および出版史を編集実務的観点から検討し、主として日本近代造形思潮の解析を試みている
沢 良子 (サワ リョウコ)  
1952年生まれ。東京造形大学教授。1920年代のドイツ建築史、および日本近代建築史を研究。現在、岩波書店所蔵の「ブルーノ・タウト資料」の調査研究を進めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)