• 本

アメリカ産牛肉から、食の安全を考える

岩波ブックレット No.696

出版社名 岩波書店
出版年月 2007年3月
ISBNコード 978-4-00-009396-5
4-00-009396-7
税込価格 528円
頁数・縦 70P 21cm

商品内容

目次

1 BSEとはどんな病気か
2 世界一厳しい日本のBSE対策
3 行政の「下請け」に堕した「食の番人」
4 輸入再開を求める外圧と内圧
5 利用されたプリオン専門調査会
6 日本の牛肉のリスク差は本当に小さいのか
7 残された問題
8 視野を広げてみれば

出版社
商品紹介

米国産牛肉の輸入を再開することは、消費者にとって納得のいく結果だっただろうか。食の安全について考える。

著者紹介

岡田 幹治 (オカダ モトハル)  
1940年、新潟県高田市(現・上越市)生まれ。一橋大学社会学部卒業後、朝日新聞社に入社。経済部記者、ワシントン特派員、論説委員などを歴任。定年退社後、フリーのジャーナリスト。現在は東京経済大学の非常勤講師を務めながら、『エコノミスト』、『週刊金曜日』、『世界』などに執筆している。現在の関心分野は、BSEや遺伝子組み換え作物に脅かされる「食の安全」、ダムを中心とする「公共事業」、働く貧困者を生んだ「格差問題」など。市民の立場に立ち、専門的なことをできるだけ分かりやすく、を心がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)