• 本

メーヌ・ド・ビラン研究 自我の哲学と形而上学

出版社名 悠書館
出版年月 2007年3月
ISBNコード 978-4-903487-05-2
4-903487-05-9
税込価格 4,180円
頁数・縦 411P 19cm

商品内容

要旨

革命期フランスの騒然とした時代に生きたひとりの哲学者の生涯と思索を、現代にいたる知の文脈のなかに位置づける。本論文では、著作と日記によりビランに語ってもらい、そこから自ずと浮かび上がる思索の歩みを跡付け、その特徴を明らかにした。

目次

第1章 ビラン哲学の成立(ビランとルソー
初めての著作 ほか)
第2章 ビラン哲学の発展―『心理学の基礎についての試論』(原初の事実から因果関係へ
調停的立場 ほか)
第3章 アポステリオリな立場―『自然の諸科学と心理学の諸関係』(自然の科学と人間の科学
因果関係についての一般的考察 ほか)
第4章 形而上学としてのビラン哲学(心理学から人間学へ
存在の類比と原因の類比 ほか)
第5章 ビラン最後の思索―『新人間学試論』『現実存在の観念についての覚え書』(文献成立の事情
先行研究の紹介 ほか)

著者紹介

佐藤 国郎 (サトウ クニロウ)  
2006年、横浜市立大学大学院国際文化研究科博士課程修了、博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)