• 本

だれのものでもない悲しみ

中公文庫 つ24−1

出版社名 中央公論新社
出版年月 2007年5月
ISBNコード 978-4-12-204859-1
4-12-204859-1
税込価格 796円
頁数・縦 269P 16cm

商品内容

要旨

夏至の夜、劇場爆破事件の起こる文映坐で、運命にあやつられるようにふたりは出会った。フェリーニや文映坐支配人、北海道庁爆破犯らの選択と行動によって、物語が導かれる。縦糸と横糸のように織り合わされていくふたりの人生の軌跡。現実と虚構が行き来し、美しいタペストリーを紡ぎだす。

著者紹介

辻原 登 (ツジハラ ノボル)  
1945年(昭和20)和歌山県生まれ。90年『村の名前』で第一〇三回芥川賞受賞。99年『翔べ麒麟』で第五〇回読売文学賞、2000年『遊動亭円木』で第三六回谷崎潤一郎賞、05年『枯葉の中の青い炎』で第三一回川端康成文学賞、06年『花はさくら木』で第三三回大佛次郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)