• 本

まひるの月を追いかけて

文春文庫 お42−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2007年5月
ISBNコード 978-4-16-772901-1
4-16-772901-6
税込価格 734円
頁数・縦 431P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 失踪した義兄を探して旅立つというロードミステリー。途中二転三転するストーリーが面白いのはもちろん、舞台が奈良明日香や奈良公園なので、この文庫を持って歩くのもいいかもネ…。恩田ファンのみならず旅好きのあなたにもオススメ!!新しい発見があるかも…!!

    (2014年3月12日)

  • ミステリアスな恩田ワールド

    舞台となる奈良・飛鳥路の持つ神秘的な雰囲気が、物語の謎めいた展開をより引き立てています。登場人物の複雑な人間関係が徐々にほぐれていき、最後には予想外の結末が待っています。じっくり味わいながら読み進めて行きたい作品です。

    (2007年10月16日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

異母兄が奈良で消息を絶った。たったの二度しか会ったことがない兄の彼女に誘われて、私は研吾を捜す旅に出る。早春の橿原神宮、藤原京跡、今井、明日香…。旅が進むにつれ、次々と明らかになる事実。それは真実なのか嘘なのか。旅と物語の行き着く先は―。恩田ワールド全開のミステリーロードノベル。

おすすめコメント

異母兄が奈良で消息を絶った。たったの二度しか会ったことがない兄の彼女に誘われて、私は研吾を捜す旅に出る。早春の橿原神宮、藤原京跡、今井、明日香……。旅が進むにつれ、次々と明らかになる事実。それは真実なのか嘘なのか。旅と物語の行き着く先は──。恩田ワールド全開のミステリーロードノベル。

著者紹介

恩田 陸 (オンダ リク)  
1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒。92年ファンタジーノベル大賞の最終候補となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年に『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞と第2回本屋大賞を受賞し、06年には『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞長編部門を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)