• 本

クロニクル千古の闇 3

魂食らい

クロニクル千古の闇   3

出版社名 評論社
出版年月 2007年4月
ISBNコード 978-4-566-02413-7
4-566-02413-X
税込価格 1,980円
頁数・縦 446P 22cm
シリーズ名 クロニクル千古の闇

商品内容

要旨

「兄貴、助けて!どこにいるの?」―人間の魂を罠にかけるという恐ろしい“魂食らい”。その“魂食らい”が、トラクの大切な弟、オオカミのウルフをさらっていった。いったい何のために?トラクとレンは、ウルフを追って、凍りつく極北の地へ足をふみ入れる。“ヘビの目”と呼ばれる場所でふたりが知った衝撃の事実とは?ますますおもしろくなるシリーズ第3弾。

出版社
商品紹介

トラクの大切なウルフが“魂食らい”にさらわれた。秘めた力をもつ少年とオオカミのウルフが、悪霊に立ち向かうシリーズ第3弾。

著者紹介

ペイヴァー,ミシェル (ペイヴァー,ミシェル)   Paver,Michelle
オックスフォード大学で生化学の学位を取得した後、薬事法を専門とする弁護士になる。神話、民俗学、考古学の書物を読みあさり、アイスランドやノルウェー等に旅をしては物語の構想を練り上げていった
さくま ゆみこ (サクマ ユミコ)  
出版社勤務を経て、現在はフリーの翻訳家・編集者。玉川大学・大学院非常勤講師
酒井 駒子 (サカイ コマコ)  
東京芸術大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)