• 本

あしたへ贈る歌 由紀さおり・安田祥子●こころの音楽教科書

由紀さおり・安田祥子 こころの音楽教科書

出版社名 小学館
出版年月 2007年5月
ISBNコード 978-4-09-253051-5
4-09-253051-X
税込価格 2,200円
頁数・縦 206P 27cm
シリーズ名 あしたへ贈る歌

商品内容

要旨

勝手に音楽の教科書!?を作ってしまいました。『故郷(ふるさと)』『赤とんぼ』『旅愁』『トルコ行進曲』…全60曲・ピアノ伴奏譜&解説つき。

目次


荒城の月
われは海の子
夏は来ぬ
青葉の笛
紅葉
春の小川
冬の夜
冬景色
海〔ほか〕

出版社
商品紹介

由紀さおり、安田祥子姉妹が、2007年度版「童謡コンサート21」の活動を記念して厳選した、これからも歌い続けたい名歌60曲。解説・情報と、ピアノ譜つきの楽譜集。

出版社・メーカーコメント

由紀さおり、安田祥子姉妹が、07年度版「童謡コンサート21」の活動を記念して厳選した、童謡、唱歌、愛唱歌等、これからも歌い続けたい名歌60曲。全曲、歌に関する解説・情報と、ピアノ譜つきの楽譜集。

著者紹介

由紀 さおり (ユキ サオリ)  
子どもの頃、ひばり児童合唱団に所属。童謡歌手として活躍。1969年3月『夜明けのスキャット』でデビュー。第2回ギリシャ歌のオリンピアード音楽祭に日本代表として参加し、『天使のスキャット』で最優秀歌唱賞ゴールデン・ディスク受賞。70年に第12回日本レコード大賞歌唱賞を『手紙』で受賞、73年第15回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を『恋文』で受賞。83年には映画「家族ゲーム」で’83年度毎日映画コンクール助演女優賞を受賞。その他、ドラマ、映画などに出演し、女優としても活躍の幅をひろげている。姉・安田祥子とのコンサートで、童謡・唱歌を歌ったことが反響を呼び、85年童謡アルバム「あの時、この歌」(東芝EMI)をリリース。翌年より童謡コンサートがスタート。美しい日本の童謡を次代に伝え、その継承、普及に努めた活動に対し、94年、第42回菊池寛賞受賞、96年第4回スポニチ文化芸術大賞、優秀賞受賞。99年、平成11年度児童福祉文化賞受賞、同時に童謡アルバムシリーズは童謡福祉文化賞推薦作品に選ばれる。同年12月には、永年にわたり歌手として数々の優れた歌唱を世に示し、特に童謡を中心とした活動は、人々に爽やかな感動を与えており、我が国、音楽界の発展に貢献しているとし、文化庁長官より表彰を受ける
安田 祥子 (ヤスダ サチコ)  
子どもの頃、ひばり児童合唱団に所属。童謡歌手として活躍。東京芸術大学、大学院修士課程修了。二期会会員・東京室内歌劇場同人。1966年オペラ「フィガロの結婚」のスザンナでデビューし、69年・76年には、ニューヨーク、ジュリアード音楽院、ロチェスター・イーストマン音楽院に学び、海外の音楽コンクールに入賞し、帰国。東京芸術大学講師を18年続け、コンサート活動に専心のため勇退。ボイストレーナーとしての功績も大きく、「劇団四季」などミュージカル出演者の中に、教え子がたくさん活躍している。妹・由紀さおりとのコンサートで、童謡・唱歌を歌ったことが反響を呼び、85年童謡アルバム「あの時、この歌」(東芝EMI)をリリース。翌年より童謡コンサートがスタート。美しい日本の童謡を次代に伝え、その継承、普及に努めた活動に対し、94年、第42回菊池寛賞受賞、96年第4回スポニチ文化芸術大賞、優秀賞受賞。99年、平成11年度児童福祉文化賞受賞、同時に童謡アルバムシリーズは童謡福祉文化賞推薦作品に選ばれる。同年12月には、永年にわたり歌手として数々の優れた歌唱を世に示し、特に童謡を中心とした活動は、人々に爽やかな感動を与えており、我が国、音楽界の発展に貢献しているとし、文化庁長官より表彰を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)