• 本

公的扶助論

新版

出版社名 光生館
出版年月 2007年4月
ISBNコード 978-4-332-60090-9
4-332-60090-8
税込価格 2,376円
頁数・縦 209P 22cm
シリーズ名 公的扶助論

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

目次

第1章 公的扶助とはなにか
第2章 公的扶助の歴史
第3章 生活保護制度の目的と基本原理
第4章 保護の原則
第5章 保護基準と保護の種類
第6章 保護の実施体制と関連分野
第7章 低所得者対策の概要および他法・他政策
第8章 今日の国民生活と貧困問題
第9章 保護世帯の実態
第10章 生活保護制度の運用の実際

目録情報

概念,歴史,法制度,最新の動向を深く論じつつ「日本の公的扶助」の全体像を浮彫りにする。(社会図書総目録より)

著者紹介

川上 昌子 (カワカミ マサコ)  
淑徳大学総合福祉学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)