• 本

生態学の「大きな」話

人間選書 268

出版社名 農山漁村文化協会
出版年月 2007年7月
ISBNコード 978-4-540-07200-0
4-540-07200-5
税込価格 1,676円
頁数・縦 220P 19cm

商品内容

目次

1 「もの」と「こと」の生態学(群集生態学―動物を材料にして
安定とは何か―「安定」を「非安定的」に考えよう
「もの」は「こと」が作り上げる ほか)
2 応用生態工学とは何か(応用生態工学とは何か、それは今後どのように進めていくべきか
長良川、琵琶湖、そして生態学者(聞き手・宮田親平)
水問題の解決のための一策―「生きものとしての私」の視点から)
3 「古代湖」としての琵琶湖の自然と文化(生命文化複合体としての琵琶湖―それをいかに取り戻すか
琵琶湖博物館の「ずるさ」
「色眼鏡」を掛けて「多色」を見よう ほか)

目録情報

過去の「こと」(関係)が現在の「もの」(性質)をつくってきたという,川那部進化論の提唱。(日本農業書総目録より)

出版社
商品紹介

琵琶湖の自然と文化から応用生態工学まで。

著者紹介

川那部 浩哉 (カワナベ ヒロヤ)  
1932年京都に生まれる。1960年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。群集生態学専攻。京都大学理学部教授・京都大学生態学研究センター長などを経て、1996年から琵琶湖博物館館長。この間、日本生態学会・応用生態工学会・国際古代湖学会の会長などをつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)