• 本

いとしのヒナゴン 下

文春文庫 し38−6

出版社名 文藝春秋
出版年月 2007年9月
ISBNコード 978-4-16-766906-5
4-16-766906-4
税込価格 545円
頁数・縦 287P 16cm
シリーズ名 いとしのヒナゴン

商品内容

要旨

ヒナゴン探しが難航する比奈町に市町村合併の波が押し寄せた。地方の将来を見据えた備北市の片山市長と、義理と人情で世間をわたる比奈町長イッちゃんはいわば水と油。合併問題が迫ってくるうちに、予想外の事態が巻き起こる。ヒナゴンは実在するか?またUターン組の心にきざす想いとは。感動が胸にひろがる“ふるさと”の物語。

おすすめコメント

ヒナゴンとはかつて広島の比奈町に現れた謎の類人猿。三十年ぶりの目撃情報に町は右往左往。遂には町長選に騒ぎが飛び火してしまった。ヒナゴン探しが難航する比奈町に市町村合併の波が押し寄せた。地方の将来を見据えた備北市の片山市長と、義理と人情で世間をわたる比奈町長イッちゃんはいわば水と油。合併問題が迫ってくるうちに、予想外の事態が巻き起こる。ヒナゴンは実在するか? またUターン組の心にきざす想いとは。感動が胸にひろがる“ふるさと”の物語。

著者紹介

重松 清 (シゲマツ キヨシ)  
昭和38(1963)年、岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。出版社勤務を経て、フリーライターに。91年『ビフォア・ラン』で作家デビュー。99年『ナイフ』で第14回坪田譲治文学賞、『エイジ』で第12回山本周五郎賞を受賞。2001年『ビタミンF』で第124回直木賞受賞。ルポルタージュ、時評、評論など小説以外のジャンルでの執筆活動も高い評価を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)