• 本

ナツコ 沖縄密貿易の女王

文春文庫 お28−2

出版社名 文藝春秋
出版年月 2007年10月
ISBNコード 978-4-16-771747-6
4-16-771747-6
税込価格 913円
頁数・縦 459P 16cm

商品内容

要旨

1946年から51年まで、沖縄はケーキ(景気)時代と呼ばれていた。誰もがこぞって密貿易にかかわる異様な時代。誰にも頼れないかわりに、才覚、度胸ひとつで大金をつかむことができた時代であった。彼らから「女親分」と呼ばれた夏子は、彼らの上に君臨したわけではない。貧しかったが夢のあった時代の象徴だった。十二年におよぶ丹念な取材で掘りおこされた、すべてが崩壊した沖縄の失意と傷跡のなかのどこか晴れ晴れとした空気。大宅壮一ノンフィクション賞に輝いた占領下の沖縄秘史。

目次

序章 五十年目の追憶
第1章 黄金の海に浮かぶ島
第2章 ヤマトへ
第3章 小さな商人
第4章 華僑のパートナー
第5章 八重山の「母」
第6章 香港商売
第7章 本部十人組の頭領
第8章 夏子逮捕
第9章 破船
第10章 夢の途上
終章 娘の回想

著者紹介

奥野 修司 (オクノ シュウジ)  
1948年大阪府生まれ。立命館大学卒業。78年から南米で日系移民調査。帰国後、フリージャーナリストとして活動。長時間かけた丹念な取材により、『ナツコ 沖縄密貿易の女王』で第37回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)