• 本

移動から場所を問う 現代移民研究の課題

出版社名 有信堂高文社
出版年月 2007年9月
ISBNコード 978-4-8420-6571-7
4-8420-6571-0
税込価格 4,180円
頁数・縦 265P 22cm

商品内容

要旨

「移民の時代」において、そもそも移動・移住とはなにか?移民研究のアンラーニング(学び捨てる)に挑む。現代移民研究を問う。

目次

方法としての移民―移動から場をとらえる
1 越境する空間(移民のつくりだす場所)(存在論的移動のエスノグラフィ―想像でもなく複数調査地的でもないディアスポラ研究について
現われ出る移民国家
「沖縄系移民」研究の展開と視座)
2 連接する空間(移民の結びつける場所)(人身売買の噂と移民研究の管理
女はいつもホームにある―グローバリゼーションにおけるフィリピン女性家事労働者の国際移動
女性化された移動と接続する場所―「家族」「国家」「市民社会」と交渉するトランスナショナルな移住女性)
3 移動する空間(移民の変容する場所)(西洋と残余の文明的差異における多義性
アーバン・ディアスポラ―ポスト‐エスニック・ヨーロッパにおける人種、アイデンティティ、ポピュラー・カルチャー
奴隷制廃止と「自由」移民―移民研究における史実性とヨーロッパ中心性について)

著者紹介

伊豫谷 登士翁 (イヨタニ トシオ)  
一橋大学大学院社会学研究科教授/移動研究、グローバリゼーション研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)