• 本

蟹工船

まんがで読破

出版社名 イースト・プレス
出版年月 2007年10月
ISBNコード 978-4-87257-836-2
4-87257-836-8
税込価格 607円
頁数・縦 183P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

軍閥支配の進む昭和初期。北洋オホーツクで蟹を獲り缶詰に加工する工場船「博光丸」では、貧しい労働者たちが働いている。不衛生な環境、長時間労働を強制する監督浅川。過酷な環境に耐えきれず、やがて労働者たちは一致団結し、ストライキを起こすが…。「資本と労働」の普遍的テーマを描いたプロレタリア文学の代表作を漫画化。

著者紹介

小林 多喜二 (コバヤシ タキジ)  
1903〜1933。秋田県生まれ。小樽高商卒業後、北海道拓殖銀行に就職するが、解雇され上京。『蟹工船』を発表し、プロレタリア文学の旗手として注目される。その後、当時、非合法の日本共産党に入党し、左翼活動に注力するが、内通者によって当時の特高警察に逮捕され、苛酷な拷問により、29歳という若さで獄中死した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)