• 本

国境を越える 滞日ムスリム移民の社会学

出版社名 青弓社
出版年月 2007年10月
ISBNコード 978-4-7872-3278-6
4-7872-3278-9
税込価格 2,200円
頁数・縦 278P 19cm

商品内容

要旨

外国人労働者たちは日本に来て、滞在し、ある者は定住してある者は帰国するなかでどのような経験をしているのか。滞日ムスリム移民の活力ある実態・現実を、来日から帰国後までを射程に収めて明らかにしたフィールドワークの成果。

目次

滞日ムスリム移民の軌跡をめぐる問い
第1部 移住と定住の分岐点(親族集団から個人へ―現代の遊牧民・トルコ系シャーサバンの日本出稼ぎ
創り出される労働市場―交錯する求職ネットワーク
「ガテン」系への道―労働への適応、消費への誘惑)
第2部 移民コミュニティと越境するネットワーク(越境する食文化―滞日ムスリムのビジネスとハラール食品産業
トランスナショナルな企業家たち―パキスタン人の中古車輸出業
イスラーム・ネットワークの誕生―モスクの設立とイスラーム活動)
第3部 ふたたび越境するという経験―故郷に帰ったムスリム移民(滞日経験のバランスシート―帰国の経緯とその後の状況
消費社会のスペクタクルとトランスナショナリズムの逆説―バングラデシュの移民家族と開発される欲望)

著者紹介

樋口 直人 (ヒグチ ナオト)  
1969年、神奈川県生まれ。徳島大学総合科学部准教授。専攻は移民研究、社会運動論、政治社会学
稲葉 奈々子 (イナバ ナナコ)  
1968年、埼玉県生まれ。茨城大学人文学部准教授。専攻はフランス地域研究、移民研究
丹野 清人 (タンノ キヨト)  
1966年、茨城県生まれ。首都大学東京人文科学研究科准教授。専攻は移民研究、労働社会学
福田 友子 (フクダ トモコ)  
1973年、千葉県生まれ。東京都立大学社会科学研究科博士課程。専攻は移民研究、国際社会学
岡井 宏文 (オカイ ヒロフミ)  
1980年、大阪府生まれ。早稲田大学人間科学研究科博士課程。専攻は移民研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)